困ったときは金を使って回収だ!【第3回】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テルヒコです。
金を貸した友人からこうして取り戻した方法をまとめています。

さて、第3回になりましたが、今回はほぼ、お金を使って催促する形になります。
やった結果、貸した証拠として残ります。それは内容証明郵便です。

どうやったのかは下記通りの目次で。

課金じゃ!リアル課金!

お金を使ってきっちりとした内容証明郵便を書いて、行政書士の名前で送る形で取りました。

どこの行政書士がおすすめなのかというと、私は内容証明郵便代行製作が出来るところのみを選びました。回収まで依頼すると成功報酬が10~20%もかかるので…。

どこで見つけたかというとココナラと言うスキルのフリーマーケットにあるサービスにて依頼しました。内容証明郵便製作、代行発送までの費用は1万円と送料でした。

お金がかけたくない場合なら、ネットにあるテンプレートでも問題ないと思います。
私は制裁の意味も含めて、お金を払ってまでやることにしました。

※内容証明郵便を出す場合は友人の仲を亀裂が生じる場合があります。私の場合は回収のみで関係回復は考えてなかったのでこの手を使いました。

内容証明郵便をココナラで依頼したお話
テルヒコです。 内容証明を依頼した経緯をまとめて紹介します。 コバトシへの返済請求を求めるために内容証明を自分で書こうと思っ...

内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは郵便局が「誰が誰宛に何年何月何日にこういう内容の文書を書いて出したこと」を公的に証明する郵便です。

  1. 郵送したこと
  2. 郵送した日付
  3. 封書の内容

上記3点を郵便局が法的に証明します。

※なお、封書の内容が正しいとかではなく、郵送したことだけ、事実の証明だけです。

依頼した内容証明の内容はこんな感じ

ぶっちゃけ意訳で書くと

  • 60万円貸して、31万円は返ってきた。残り29万円は期限までにとっと返してね。
  • 遅延損害金が年利14.4%だから遅延損害金9万円発生したから一緒に期限までに返してね
  • 今までの振る舞いと反省と謝罪があれば、分割払いも考えるよー
  • 連絡は行政書士のところまで!

そういった意訳で厳しくてお硬い文章で書かれてた内容証明郵便が出来上がりました。
お金を払って書いてもらった内容としては満足です。

遅延損害金の金額が判明したんですが、思ったより額がデカくて驚いた記憶があります。

残り38万円

 内容証明郵便が受け取ってくれない!!!!

内容証明郵便は相手が受け取らないと内容証明郵便の効果、効力が発揮しないです。

何故、受け取ってくれないかと分かるかというと追跡番号が付くように配達証明で送っています。内容証明郵便は配達証明と内容証明のセットで利用するのが一般的です。

依頼した行政書士の先生から追跡番号の控えを受け取っていたので仕事中なのに毎日チェックしてワクテカしておりました。

コバトシの実家には不在票に置いてあるようだが、引取にいかないところを見るとズボラなのか…。そうしてるうちに保管期限が迫ってきました。あと1、2日もないです。

私は再発送してもらえるように保管してある郵便局へ電話したところ、差出人からの連絡ではないと再発送依頼は受けられないとのこと。早速、依頼した行政書士の先生に再発送依頼するように保管してある郵便局へ連絡依頼しました。

そうしたら、再発送されたようで、追跡サービスで確認したところ、着弾されたようです!

やったぜ!!!

こうかはばつぐんだ

着弾してから期限が近くなってきたところ、コバトシからの連絡がなく…仕方がなく、コバトシの地元の知人に連絡して返済するようにと伝言してもらいました。

コバトシから慌てて5万円入金後、行政書士の先生宛にFAXの連絡がありました。
FAXの内容があまりひどいものでありました。

そして、月末に5万円入金すると連絡があり、月末までに入金と連絡を待つことにしました。さすがは、コバトシ、三度あることは絶対あることですね。

月末になったので通帳を持ってATMで通帳記入したところ…

入金なし

まぁ、遅れて入金されるんだろう。きっと。

2週間後…。連絡もないので行政書士先生宛のFAXに書かれていた携帯番号を直接ショートメールで最終通告を行いました。

その返事が

月末にスマホが壊れましたので連絡ができませんでした。
(FAXで連絡すりゃ良かったのに?)
会社の給料がもらえてないです。そのことを連絡できなくてすいません。
今日まで、なんとか用意します。

振り込みましたら、連絡します。

01:17(深夜)

と連絡が!な訳で、今日の入金を待ってたところ。

やはり、入金なし

しゃーねーな。少額訴訟でもやるか!という事で、次回は起訴の為に簡易裁判所へ行くのお話になります。

残り33万円

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする