お金返して!!!と言ってもなかなか返してくれない件【第1回】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

借金の証拠として書面を残しておこう!

夜逃げしたコバトシは地元へ戻っていた。私はコバトシとは直接連絡が取れず、私の仲間であるエーダと中継してコバトシと連絡を取り合う形になっていた。

コバトシが「オレの道具を返せ」と言い、私は「貸した金を全額返してもらってから返す」と答えると「なら、金返さない。新しい道具を買う」と言う始末。

埒が明かないのでエーダに頼んでコバトシの地元へ行ってもらって、コバトシと会い、置いていった道具の引き換えに借金の精算と返済予定をコバトシの希望通りに文書化し、お互い、誓約書を記入した。
誓約書があった為、コバトシにとって都合が悪く、私にとっては今後の回収の証拠として助かることになる。

借金条件と返済予定

借金額 60万円 無利子
損害遅延金 年利14.4%
返済日は25日、奇数回は4万円、偶数回は7万円、7回目の返済は残りの分一括返済。

1回目 7万円
2回目 4万円
3回目 7万円
4回目 4万円
5回目 7万円
6回目 4万円
7回目 27万円

その予定であった。

金銭的の問題があるやつは返済もルーズ

コバトシが希望した1回目の返済日には指定の口座にてちゃんと返済されていた。
そして、2回めの返済日も問題なく、3回目になると返済が出来ず、エーダ経由に催促して、やっと返済される。

4回目の返済はされず、エーダ経由に催促しても、生活費がいるだの、適当なことで連絡してはぐらかすことが多くなり、コバトシ自身が希望を出していた返済計画なのにリスケジュールができると思っている神経がすげぇな。イラッとしてリスケは不可。ちゃんと返せといちいち連絡する私である。

ルーズな故、2度とあることは3度もある。

コバトシにこの時期ならまとまったお金が出来るやろ。それで返してくれないか?と打診したところ、返済可能ということで口約束であるが、残りの借金を一括返済することに決まった。

Xデーは夏である。

そしてある日、コバトシから「予定していたまとまったお金が出来なくなった」というのである。
なんで?と聞いてもはぐらかすだけで適当に言い逃れるだけであった。

何回も何回も催促したところ、やっと、秋に13万円まとめて返済された。

残り29万円

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする