俺たちの戦いはこれからだ【最終回】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テルヒコです。
今回は最終回です。全額回収成功しました。

こうして金を取り戻した。

訴状を受け取っていたコバトシから連絡がなく、コバトシの繋がりのある地元の人に連絡しました。

「えっ?コバトシから売った車を返済に当てた」と聞いてるけど、と返事が。

まーた、懲りてないな。

まだ返してもらってないですよと連絡。

「支払うように伝えておく。二重に支払いになってたら返すようにして下さい。」
と返事が。
きちんと返ってたら、ちゃんと報告してるわけだが…。まぁ、いいや。

ある日、仲間と車の作業しているうちにコバトシから直接SMSの連絡が!

「全額振込みました。」

私は急いでATMの元へ行き、入金確認しました。
ちゃんと入金されていました。

こうして全額回収したテルヒコである。

タイミングもありますが、法的手段を使って、すんなりと支払ってきて脱力感が半端なかったですね。つまらなさすぎて(笑)

もっと突っついて、強制執行まで行きたかったのに…。

今回の件であって良かったもの。

  • 誓約書(借金の証拠)
  • コバトシの住所、電話番号
  • コバトシの銀行口座(強制執行の為)
  • コバトシと繋がりのある共通の知人

こんな感じですかねぇ。

貸してしまった反省から思いついた対策

人にお金を貸さなきゃ良い。ですが、どうしても貸すことがあるかと思います。
それにあたっての対応です。

クレジットカードを持っているなら、そこから借りれば?と言おう。

クレジットカードがあるなら、使ってもらいましょう。

クレジットカードが使えない人は訳があるの人です。もしくは個人信用情報を傷ものにしたくないからとかと言った理由で人に金を借りる人もいますのできちんと断りましょう。

お金を貸すぐらいなら欲しいものを買って貸してあげよう。

あちこち、行政書士や司法書士と相談したとき、知ったのですが、お金を貸した時と物を貸した時の対応が違っていて簡単なのが物を貸した時だそうです。

考えてみれば、確かにとそう思います。

期限が来たら回収するだけですから簡単ですし、貸した物を売ったりしたら、何らの罪になりますもんですよね。

コバトシのケースに当てると、車のパーツを買って貸してあげれば、良かったんですよね。
車のパーツを貸してるのに遊び回ってんじゃねぇと言えますし。

まとめ

お金を返してくれない人には人づてよりも法的手段の方が運、またはタイミングが良ければ、回収することが出来るます。

コバトシの場合は知られたらまずいと言うウィークポイントがあったのでなんとかなりました。

単に脇が甘かったから回収ができたといえます。

もし、コバトシがちょっと賢かったり、法的手段の回避方法が知っていたら、回収する時間がもっとかかったり、お金を使ったのに回収出来ず、費用倒れ担っていたかもしれません。

こういったトラブルを避けるにはやはり、人にお金を貸してあげないことですね。今回の件で本当にそう思いました。

完全回収

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする